お気にの作家でGO
*
ホーム > 株式投資 > 行くときと休む時

行くときと休む時

実際にコンピュータの前に座って絶えず上下しているレートを眺めていると何やら売り買いをしなくてはいけないという欲求に影響される場面も少なくないだろう。

 

しかし、漠然とした思いつきで注文することは断じてしてはいけません。

 

ご存知の通り、相場は昼夜を問わずいかなる時でもいずれかの国で外国為替相場は変動しているし市場もいつでも、上がったり下がったりします。

 

そうであっても、立て続けに売買を積み重ねるとそれだけ損失が生じるリスクが高くなります。

 

言うまでもなく、注文の回数を重ねることによって、少しずつ勝利する可能性が50%、50%になっていきます。

 

でもこの事は「なんだか分からないアイデアでトレード」してしまうこととは話が異なります。

 

トレード回数を増やす意味というのは、「ここはいける」と考える時機を得られたケースでの売り買いの回数を増やすという事です。

 

ただ、ひっきりなしにトレードを経験するのとは全く違います。

 

マーケットの戦いに臨むには、自ずからメリハリをつけることが大切です。

 

「ここで勝負」と考えた外国為替市場の時には、思い切ってポジションを積み増して思い切り利益を追求する。

 

「だいぶ難しい市場で、どう推移するのか予想できないな」と思い至った時は、潔く売買ポジションをひとつ残らず閉じて何もしない。

 

それくらいの緩急をつけた方が結果的にはエントリーは勝てます。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

まったく言葉どおりです。

 

外国為替相場とはいつもポジションを所有する事が重要ではなくポジションを持たずにじっと待っている事も状況によっては、FXです。

 

それでは、どういった時に休めばよいのだろうか。

 

ひとつは、前述したように、今の為替相場が明確に良く見えない時です。

 

どうなるのか決める事が出来ない時は、間違って判断すると、自分で思ったストーリーとは逆に市場が変動してしまい、損失を被ることになる。

 

そのようなケースではポジションを整理してそのまま何もしないで黙ってみているだけが最善の策です。

 

もうひとつは、自分自身の体の具合が悪いときです。

 

体の状態とマーケットに関係しないと考える人もいるでしょうが現実には思いのほか影響します。

 

健康状態があまりよくなければ相場の大切な場面で落ち着いた判断を下すことができなくなります。

 

興味がわかない時は、相場から距離を置くことも重要な事です。

 


関連記事

行くときと休む時
実際にコンピュータの前に座って絶えず上下しているレートを眺めていると何やら売り買...
テスト
テスト記事です。...